2008年 05月 04日 ( 3 )

春の山へ(その1)

今年のゴールデンウィークは連休が少なく
遠くへお出かけっという気分にはなれなかったかな。
でもどこにも行かないっていうのもつまらないので
岐阜県飛騨地方方面へドライブ&散歩を楽しんできた。
もちろん日帰り。
距離、時間的にはちょうどいい場所、
そしてこの辺りの標高の高い深い山の感じはとっても好きな所。

白川郷を通ってひるがの高原へ向かった。
世界遺産合掌造りのある白川郷あたりはかなりの混雑、
ちょっと立ち寄ろうかなっと思っていたのだがあまりの渋滞で断念。
駐車場までずらりと並んだ車を見たら寄る気がしなくなった。
とりあえず素通りで見学。合掌造り、立派だ。

ひるがの高原に着きフレンドハウスひるがのさんに
寄って食事をする事にした。
今日は大繁盛でお客がいっぱい。
ワンコと泊まれるログハウスもあり、いつ来ても綺麗な所。
ここでピレのクリス君にばったり会って、プルとご挨拶。
突然のピレの出会いって嬉しいね。
b0115700_2352945.jpg



車を置かせてもらってひるがのを散歩。
ちょっと暑い日だけどたまに吹く山の風が気持ち良い。
高原らしい綺麗な風景。
b0115700_18293771.jpg



歩く事20分ぐらい、
分水嶺公園・湿原植物園に着いた。
ここ分水嶺公園は、日本海と太平洋に水が分かれていく様子を見られる。
日本でも数少ない場所なんだと。
周りには水芭蕉がたくさん綺麗にさいていたよ。
b0115700_18402255.jpg


疲れたワンコ達をデッキのあるお店で休ませソフトクリームを食べた。
置物のように日陰で並んでくつろぐワン達、ここは小川が流れて気持ち良い。
b0115700_18351514.jpg


サルーキのマロ君に会った。
すっごく可愛い。
ワンコ同士の話をいっぱいして、とっても楽しいご家族さんだった。
b0115700_1846429.jpg



車へ戻りちょっと移動。
夫婦滝(めおとたき)へ。高さ17メートル。
どっちが夫でどっちが妻か?分からない。
今日みたいな暑い日はこの場所が涼しくて気持ちが良い。
優しい感じのほど良い水量の滝はとっても綺麗。
b0115700_226899.jpg


プルさんも気持ちが良いのかまったく動かずくつろぎタイム。
b0115700_2271582.jpg


たっちーととうてちゅも、ここは元気の出る場所だね。
奥の滝壺あたりではパパと朱莉が水遊びに夢中。
足場が悪いのでワンコ達はあそこまで行けなかった。
b0115700_22134240.jpg



冷たい美味しい湧き水もあって、贅沢な水分補給。
いつまで飲んでるの~って。
b0115700_22164882.jpg



さあ、また移動だよ~。
[PR]

by purukomasan | 2008-05-04 23:56 | ワンコとお出かけ

春の山へ(その2)

ひるがの高原から高山を抜け、国道158号線を乗鞍方面へ車を走らせる。
高山市内を除けば、車の量も少なく快適なドライブ。
銚子の滝って所を見つけた。
落差約25mのこの滝は、銚子の形に似ていることから名付けられたそうな。
ここをおとずれる人はほとんどいなく、うちが来た時は人っこひとり居なかった。
滝の側近くまで車で行けるが対向車が来るとすれ違いできないので大変。
運が良ければすんなり行ける。
この滝はかなり激しい水しぶきを上げ見ごたえがある。
滝壺付近はひたすらしぶきが飛んでくるのでびしょ濡れ。
さっきの夫婦滝は天然ミスト、ここは天然シャワーだ。
暖かい日とはいえさすがに寒い。
b0115700_22363742.jpg



すぐそこは滝壺の崖、落ちないように注意だね。
b0115700_22375747.jpg



たっちー滝の激しさにちょっとおっかなビックリ。
b0115700_22385141.jpg



さあ行こうかっという時、握りこぶし大ぐらいの大きなカエルを発見。
黄土色した何とも言えない奇妙なカエル。
ふと周りを見ると、あっちにもこっちにも・・・・・たっくさん!
うっ、囲まれてる。
はっ!飛び跳ねた。・・・・・・鳥肌、ゾゾゾ。
襲ってくる訳じゃないが、襲われそうなそんな気持ちにさせるほど
寒気が走った。
まるでここに立ち寄るなっと言われてるような。
どうやらここはこのカエルの楽園だったらしい。
興味心身のプルさんを引っ張り、踏まないようにそそくさ退散。

移動
[PR]

by purukomasan | 2008-05-04 22:21 | ワンコとお出かけ

春の山(その3)

カエルにはほんとに驚いた。
車に乗り気を取り直して平湯大滝公園に向かう事にした。

ここには以前にも来た。
その時はまだ朱莉が産まれる前、13・・・14年ほど前だったかな。
記憶では確か滝に続く道が1本と滝があるだけ、だったはずだが。

着いてビックリ綺麗な公園ができていた。
立派な観光地に変貌してる。
目の前にはキャンプ場もありテントで大賑わい。
広い駐車場もあり、有料なんだが我が家が来た時はPM5時をとっくに過ぎていて
お客も少なく無料で駐車する事ができた。(ラッキーだ)

滝まで10分ほど坂道を歩いた。
日も随分傾いて涼しくなってきた。ワン達は疲れ知らず元気に歩く。
今日はめずらしくたっちーの足も調子が良いらしく足取り強く嬉しそう。
雪も所々に残っていた。ちと、寒いはずだ。
プルさん雪に向かって大喜びで早足、どっこらしょ!
っとその場で寝転び動かなくなってしまった。
満足げなプルさんを起こして不満そうな顔されたたが滝へ向かう。

また上からシャワーが降ってきた。
今度はさっきの滝よりかなり強いシャワー。
冷たい、濡れる、さっぶい・・・・・ワン達は、ご機嫌。
服はまたしてもびしょ濡れだ。
せっかく来たんだからそれでも耐えて滝を眺める。
落差64メートルから落ちる滝はとても激しく私を凍えさせた。
b0115700_23165649.jpg



雪の上、滝をバックに、自然がとっても似合うプル。ス・テ・キ♪
b0115700_2324221.jpg



すっかり冷え切ったママと朱莉は公園内にある足湯でゆっくり休んで温まった。
熱くもなくぬるくもなく丁度良い、とっても安らぐひと時。
あぁ~気持ち良い~~~。幸せ~~~。
b0115700_23376100.jpg



すっかり辺りは薄暗くなって来た。
途中平湯温泉を通り抜ける。
どこの宿もいっぱいだ。いいな~温泉。露天風呂。
平湯、新穂高と若い頃は毎年行っていたお気に入りの温泉。
今度また行ってこようかと思う。

家を出てから12時間のドライブ&散歩をして帰ってきた。
ドライブしながら行きあたりバッタリ、プチ家族旅行って感じの
楽しい良い時間を過ごせた。

娘、ワンコ達、家にいる時とはまた違った嬉しい表情を見られる
やっぱり山、緑、川は良い~。
っと、思うのは海側に住んでるから?なのだろうか。
[PR]

by purukomasan | 2008-05-04 20:40 | ワンコとお出かけ